トラブル解決のレシピ

普段の心掛けでクレームを防止しよう

自宅マンションの、近くの部屋からのクレーム被害に悩む人は多いです。ピアノなどの楽器の音や子供の走る音は、上下の部屋に響きやすいため、クレームにつながりやすいため注意が必要です。また、大きめのテレビの音や、洗濯機の動く音は隣の部屋に聞こえることがあるため、夜間は気をつけるようにしましょう。
もし自分が周辺の騒音で悩まされた場合、ご近所づきあいをうまくやりたいがためにクレームというほど強い口調では言えないが、夜間は気を付けてほしいと言うにとどめることも多いでしょう。言われたほうは気をつけるのだが、自分の家ではそこまで大きな音を出しているという自覚がないので、近隣住人が神経質なのだと思ってしまいがちです。
また、時間が経つと元通りになってしまう場合も多く、再び注意された場合これはクレーム被害だと悩んでしまうこともあります。ピアノなどの楽器や洗濯機は、夜間に使用するとかなり響きます。近隣への配慮のため、マンションでルールを設定しているところもあります。
小さな子供がいる家庭は、足音が響くため下の階に気を使って走り回らないように注意する必要があります。しかし、時々おじいちゃんおばあちゃんが住んでいるマンションの一室に孫たちが集合する時には、配慮を忘れてしまうこともあるでしょう。嬉しい気持ちもわかりますが、一声かけたり、お菓子をさしあげたりする心配りが大切です。
注意する側の意見としては、ある期間我慢してそれでも続くようであれば注意することが多いです。注意される側が、クレーム被害だと決めつけてしまって態度を改めないと、状況は一向に改善されません。
ペットの鳴き声や臭いも同様に、飼い主にとっては何でもないものでも、中には困る人が居ます。ペットの鳴き声や臭いは、注意して改善が期待されるのか否かはわからないため、泣き寝入りしてしまう場合も多いです。誰かに迷惑をかけている可能性を考えて生活することが、マンションなどの集合住宅でクレーム問題を解決する糸口なのかもしれません。